LEDクリップライト 沖縄 北名城ビーチ キャンプ

ライト・ランタンまとめ



一口にライト・ランタンと言っても複数機能を持っているものや、何にカテゴライズすればいいのか分からない物もありますのでまとめて紹介してしまいましょう。


ここでは主の好みから、特徴的な物を紹介しています。それとガス使用の物は知らないのでピックアップしていません。

 

 

Sponsored Link


コールマン CPX6 クアッドLEDランタン



キャンプの定番と言えばこれじゃないですか^^

 

何と言っても4つに分割出来るのが素晴らしい。同タイプで小型の物もありますが、アウトドアでは帯に短したすきに長しになりそうです。非常用には良いかもしれませんが今回はパス。

 

小さくはないですがトイレ等用に別にハンディライトを持って行かないでよくなる事を考えると、それなりにパッキングにも貢献してくれそうです。

 

 


LEDクリップライト



主のおすすめ、単三4本でも使えるLEDクリップライト28灯式です。何と言ってもクリップライトでありながら単三4本で使えるのが素晴らしい。

 

値段が値段なので作りはおもちゃですが明るさは本物。普段は4灯でも充分な位です。

 

パッキングは首が曲がるのでそれなりに収まります。

 

 


ハンディライトランタン



ソロキャンパーには必須と言えそうなハンディライトとランタン機能が合わさった物。


ハンディライトとして持っていかれるとランタンが無くなってしまうのでファミリーキャンプには向きません。



主が初めて買ったのが右の物。アウトドア用品ではありませんし明るさも手元灯程度ですが、ソロなら必要充分です。

 

 

防水ハンディライト



ここは主の使っているものをひとつ。

 

夜の潜り用に買ったのですが、幽霊的な意味で怖くて海には入ってないので、実際の防水性能は分かりません(笑)が、レビューを見る限り安心出来そうです。

 

ただ、海に潜らないにしても防水ライトは持っておくと安心できます。


普段使いはしませんがとても明るく、明るさが必要な時や雨が降った時等、活躍してくれると思うと安心が出来、いつも連れて行ってます。

 


 


ヘッドライト


キャンプにヘッドライト、正直便利です。便利ですが、主のキャンプはリラックス目的なので頭に何か乗せるというのに抵抗がある為使っていません。


これは単三1本で24時間点灯の物。その他にも沢山の種類がありますが、多くは単四使用なのでこちらをピックアップしました。


ソロキャンパーにはあって困ることは無いでしょう^^パッキング的にこれだけという選択肢もアリ。

 


 


主の使用ライトと電源類



電源は単三の充電電池で統一すると電源に無駄がありません。いざという時は削れる物の電池を抜いて他にまわすことも出来るのが良い所です^^

 

30歳で沖縄移住した話し

ブログTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます(゚∀゚)

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

このページをシェアする



Sponsored Link