沖縄 離島 古宇利島 トケイ浜

移住してからの日々


移住より半年間



ヘルパーをしながら貯金を切り崩し生活。

 

その時は軽く考えなんとかなるだろうと20万程しか持ってきていませんでした。一応手に職もありましたしね。

 

その頃沖縄自体は気に入り、定住しようと決める。お金が底をつく前に軽くバイトをしたりもしました。

 

また別の手に職のことで沖縄の方に軽く注目された時もありましたがいかんせん力不足で何も出来ず。

 

それにしても全てにおいてぐだぐだだったので、一旦地元に帰り体制を整えました。

 

Sponsored Link


二度目の渡沖


沖縄 離島 古宇利島 トケイ浜

 

半年程地元に帰っていましたが、今度は70万程貯金するも友達に50万貸して返ってこなくなる(笑)しかし身体はもう沖縄という状態でどうしようもなく、なんとなくバイトをしながら暮らす。

 

最初はヘルパーとして雇って(?)もらっていましたが、数か月で友達の家に転がり込む。

 

その時点で共同経営の話しが持ち上がりそれに乗っかる。

 

内容はご想像にお任せしますが、共同経営によくあるイザコザがあり、離別したものの、とりあえず飲食店と下宿屋として機能しています。

 

最近は店舗部分は人に貸して老人ホームに介護職として就職。PM4時~AM9時までという就労時間に惹かれて入りました。朝そのまま海へ行って泳いだり、離島への船に乗ったりと、とても都合がいいです。

 

そんなわけで平成26年夏、アウトドア好きに拍車がかかり、現在に至る。

  

 

30歳で沖縄移住した話し

ブログTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます(゚∀゚)

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

このページをシェアする



Sponsored Link