沖縄 ニライカナイ橋 終点景色

精神的な変化


Sponsored Link

一番初めに感じたこと



車社会の地元にいる時は、はっきりとそう考えているのではないですが、どこか自転車に乗るのに恥ずかしさすら持っていました。

 

自営してたりもしてたので、くだらないプライドのようなものを持ってたんだろうと思います。

 

自転車云々というより、人の目を気にしていた。と言った方が分かりやすいですかね。

 

沖縄に到着、宿に辿り着いて初めにしたことは住所変更だったわけですが、その時にためらいつつも自転車を借りて市役所や警察へ行ったのです。その時の気分と言ったら!

 

とっても気持ちいい!

 

自転車で走ることではなくて、知っている人と会わない。これがとても気持ち良く、地元では相当な圧迫感を感じていたのを再認識しました。

 

地元はとても狭いコミュニティで形成されていて、どこで誰が何をしていたなんて話しがどこへ行っても聞かれます。他に話題も無いんでしょうが、そういう状態になんだか疲れてしまっていたのです。

 

養生に来たつもりは無かったですが、結果的にはそうなったと言えるでしょう。

 

といっても、これは長く住んでいたら沖縄でも同じ状況におかれかねませんが(笑)

 

良いところですから、居づらくなったりしないように気をつけていこうと思います。

 

30歳で沖縄移住した話し

ブログTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます(゚∀゚)

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

このページをシェアする



Sponsored Link