沖縄おすすめ離島情報まとめ


 

ここでは主が実際に行った離島の情報をまとめます。

 

フェリーで渡る離島の場合、カブが積んで行けて、キャンプが出来る島へ向かうことが多いです。

 

バイクを積んでいく理由としては観光地だけでなく島の隅々まで見たい事と、キャンプ場までテント類を簡単に運べる為。

 

その為歩いて周れる程度の島も選択します。

 

島全体を紹介したい場合は、本島と橋で繋がった離島でもこちらに含めます。

 

どこもおすすめですが特徴はあるので限りの有る時間をうまく使うお役に立てれば幸いです('ω')

 

Sponsored Link


慶良間諸島


 

那覇のとまりんからフェリーで2時間程で到着する離島群。

 

ここで紹介している座間味島・阿嘉島・渡嘉敷島が含まれています。

 

高速船利用で日帰りも可能ですよ(゚∀゚)

 

 

座間味島(ZAMAMI ISLAND)


この島は本当にそこらじゅうが絶景、絶景、絶景だらけです。

 

海の中も流石の一言の透明度。

 

阿嘉島へも渡嘉敷島へも船が出ているので、安く渡り歩けます。

 

 

阿嘉島(AKA ISLAND)


  • 阿嘉島(AKA ISLAND)

座間味島と同じ村なので村内航路があります。バイクは載せられませんが座間味島~阿嘉島間が片道300円と破格(゚∀゚)

 

バイクが無くても徒歩で周れる大きさの島。

 

野生の慶良間鹿が普通にトコトコ歩いてたりもする。

 

 

渡嘉敷島(TOKASHIKI ISLAND)


  • 渡嘉敷島(TOKASHIKI ISLAND)

座間味や阿嘉とも違う雰囲気の渡嘉敷。

 

トカシクビーチは分かりませんが、阿波連ビーチ周りは完成されつつある観光地で、移動せずにそこだけで楽しめます。

 

海で遊んで食べて飲んで寝て帰る。そんな感じです。

 

座間味島~渡嘉敷島間は片道700円、渡嘉敷入りは環境協力税が必要なので+100円。

 

 

粟国島(AGUNI ISLAND)


  • 粟国島(AGUNI ISLAND)

粟国島は慶良間諸島程に観光地化の勢いやリゾート感は無く、静かでゆったりとした島。

 

それでも意外と観光地が多く、高速船は無いので日帰りが出来ませんが数泊しても飽きません。

 

出来れば数泊してほしい島。

 

30歳で沖縄移住した話し

ブログTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます(゚∀゚)

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

このページをシェアする



Sponsored Link