沖縄 空 太陽

沖縄のヘルパー


ヘルパーとは



一般的にヘルパーというと介護職のヘルパーさんを指す場合が多いと思いますが、沖縄では民宿等で一定条件下で働く人を指す場合があります。

 

沖縄では給料の代わりに現金以外の物を支給したり、宿代をタダにする等して人を雇うことがあり、その方達をヘルパーさんと呼びます。

 

バイト、パートは現金をもらいますが、ヘルパーさんは通常現金をもらいません。ヘルパーが現金をもらうような仕事をする時は「バイトする?」みたいに声をかけられたりもします。

 

それくらい割と明確に分けられていると感じますね。 

 

Sponsored Link


仕事内容、条件



仕事は主に宿の清掃やベッドメイク、中にはカウンター業務を任せるところもありますが、基本的に重い責任があるような仕事はしない、させないのが通常です。

 

就労時間は月3万円程の宿泊代の代わりに働くことになるので、1日2、3時間勤務であったり、時間も決まっておらずチェックアウトからの掃除やベッドメイクが終わるまで。等曖昧な場合もあります。フルで8時間勤務の宿もありますが、そういう場合週休4日だったりしますので、自分が沖縄でどう行動したいのかによって選ぶと良いと思います。

 

仕事を探し、ある程度仕事を二股する時期が必要なら定時で2~3時間働きながら就職。就労日数の少ないところへ入り、残りの休みは遊びに使う。等。

 

まともに8時間働いて週休2日。みたいなところは3食食事付きで色々な体験が無料だったりするところもあるようです。

 

イレギュラーなヘルパーだと、ダイビングライセンスタダ!とか。

 

主の場合はかなり自由にさせてくれていて、コインランドリーの運営をやっているオーナーだったので、全四か所あるコインランドリーを毎日1ヶ所づつ掃除してまわるという仕事でした。ちょっと特別かもしれませんが、休みは考えず、4日に1度掃除されていればいい。ということだったので、4日目に全部まわってもよかったのです。

 

そのおかげで何日かかけて遊びに行ったりも出来ました。

 

 

実際のヘルパー募集


 

「沖縄 ヘルパー募集」で検索するとかなりの数が出てくるので、詳しくはぐぐってください。それぞれに合った場所があると思います。

 

実際に勤めていたことがあるのと、友達がヘルパーをしていて実情を知っているところがあるので少し紹介します。※最新の情報ではないので実際は直接連絡してみて判断して下さい。

 


一日決まった時間に2~3時間で月5日休み。無理を言わなければ連休も出来ます。食事はお米と1日1食分100円位のものが支給されてました。宿としては長期客と短期客が半々位で、長期客の質は大人しいイメージ。オーナーがしっかりしているので余りにおかしな客は長居出来ないと思う。口コミで台湾人のヘルパーがやたら居る。良い意味で(笑)

 


友達がやっていた時は週3~4日休みの8時間勤務。休日は曜日が決まっているのではなさそうだったので仕事はしづらいかも。食事は3食自炊分が支給されていた。遊びに行くには連休があって使いやすそうだった。外国人や若い方が多いイメージ。ヘルパーが雰囲気を作っていて独特。

 

同じ系列の会社です。スタッフをしてた方が知り合いです。ゲストハウスでは珍しく給料が出るので仕事を見つけるまで等に使いやすいかも。仕事としてゲストハウスを視野に入れているとかなら得るものは多そうですよ。

 

30歳で沖縄移住した話し

ブログTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます(゚∀゚)

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

このページをシェアする



Sponsored Link