沖縄での銀行口座


 

ここでは主の使用している金融機関を紹介します。

 

地元の地方銀行の口座は解約し、ジャパンネット銀行だけを持って来沖、沖縄で口座をネットバンクを含めて3つ作りました。

 

実質利用しているのは3つで予備に1つで全部で4つ有ります。

 

数が増えるのも煩わしいですが、副業が増えると口座が分かれていないと確定申告等が面倒になりますし、用途別に分けておくと色々と都合がいいです。

 

※2016/11/30沖縄移住5年目にしてさらにひとつ、ゆうちょ銀行を開設しました。理由はLINEPayのオートチャージに対応する為です。←詳しくは沖縄で使える必須カード4枚の項で。

 

Sponsored Link


琉球銀行・沖縄銀行


 

このふたつは地方銀行ですが、必要の有る無しに関わらず沖縄に移住したら近くの銀行を探して真っ先に作っておくべきです。

 

給与の振込み先がどちらかに指定されたりしますし、引っ越し等があると自宅から近いのがどちらになるか分からないのでどちらも作っておいて間違い無いです。

 

主は琉球銀行を介護職の給与受け取りと振込みの支払に使い、沖縄銀行を店舗の引き落とし用に使っています。

 

ネットバンキングが使いやすいので、できれば常用するのは琉銀の方が良いと思います。

 

  

 

ジャパンネット銀行


 

コンビニ、郵便局で使えるのは他のネットバンクも同じですが、ATM手数料が入出金1回無料で、それ以上は3万円以上なら無料なので、1万円出したい時は4万出して3万戻して実質無料にするというような使い方をしてます。

 

沖縄で必須のTポイントと、VISAデビットも付帯できるのでカードを増やしたくない主にはジャパンネット銀行のキャッシュカードは最高の一枚。

 

新生銀行もATM手数料無料ですし、振込1回無料なので、デビットカードやTポイントを別で持てる人には新生銀行をおススメします。

 

 

 

ゆうちょ銀行


 

ゆうちょ銀行はFamilyMartで利用する分には手数料無料で入出金できるのが便利です。

 

LINEPayのオートチャージに対応した銀行で唯一コンビニATMが無料で利用できる銀行です。

 

 

  

楽天銀行


 

可もなく不可も無い楽天銀行。

 

こちらは楽天アフィリエイトの入金先がここしか指定出来ないので作りました。

 

楽天銀行同士だと振込手数料が無料なので、金券ショップ等の振込のみの決済に利用すると便利です。

 

ただし、3万以下の入金とそれ以外の手数料は有料です。

 

 

 

まとめ


 

現在銀行の主力はネットバンクになりつつあると思いますが、メガバンクはイーネット(コンビニATM)の手数料がいちいちかかるので利用していません。

 

移住者という特殊な状況に身を置く人達は利便性からネットバンクを選ばれることが多いと思うのですが、主としては地方銀行も持っておくべきだと思います。

 

する事は稀ですがやってみれば解約も簡単ですし、なんなら残高0にして通帳とカードを粉々にしてしまうだけでも簡単に無くす事が可能ですから。

 

 

 

30歳で沖縄移住した話し

ブログTwitterFacebookページ←各クリックで飛びます(゚∀゚)

シェア、いいね!フォローして頂けると励みになります(´艸`*)

このページをシェアする



Sponsored Link